もっと太陽光発電について勉強しよう

太陽光発電システム以外にもエコキュートなど、国の助成金制度とは異なっているものもあります。
中にはその他の省エネ設備と同時に導入をしなければ助成金制度をもらうことの出来ない制度の自治体もあります。東京都の助成金制度についてですが、助成金を申請することの出来るのは太陽光発電の工事が完了し、太陽光発電の稼働開始後と定められています。
このことからJ-PECへの申込で受理をされなかった時でも、自治体の助成金の申請をすることが出来る場合もあります。自治体におきましても太陽光発電の助成金制度が導入され始めていますが、まだまだ限られた自治体だけとなります。
国が実施している導入助成枠が埋まってしまったら、まずは自治体で利用可能な助成制度の有無を確認しましょう。 インターネットのサイトやブログを確認しますと、太陽光発電の広告を貼っているケースが多くあります。
それだけ世間的に注目がされているということで、販売価格も徐々に低下してきているのです。



もっと太陽光発電について勉強しようブログ:18/7/12

減量を始めたばかりって
とっても大事だと思います。

スタートが上手くいくかどうかが
減量成功・失敗の分かれ目だといっても
過言ではないと思うんですよね。

上手くスタートするための手段の一つとして、
食べたものをメモするという方法があります

できれば常に持ち歩くようなもの…
手帳みたいなものに書くといいですね。

例えば…
午前中食
パン・野菜スティック・果物ジュース・
…みたいな感じで

これを実践することのメリットは2つあります。

まず一つ目は、
足りない栄養素を把握することができる点です。

別に栄養素といっても大げさではないですよ。

あっ、今日は野菜とってない!
なんかお肉ばかりの食事だな…みたいに
感覚的な感じで全然OK!

大雑把でも意識して食事をとると
ばっちり減量効果がありますよ!

減量に必要なものは
たくさんあると思いますが、
やっぱりどれをとっても
バランスを一番気をつけなきゃいけませんからね。

意識するのも一つの減量法、
そう思えばやる気も出ますよね。

二つ目のメリットは食べすぎの防止です。

例えば、
午前中・午後の食事のメモをみたら両方とも
果物で甘いものを食べていたことが判明!
さすがに焦りますよね…

こんなふうにメモをとっていれば
食べすぎなどの防止につながります。

なので、
減量を始めたら
本当に簡単なメモでいいので
食事を記録するようにしましょう!

これも連日書き続ければ、
「継続は力なり」で、
ちゃんと減量の為のステップにつながります。

メモを書く癖をつければ、
難なく、自分の体質の事が把握できるようになりますよ!