自宅の屋根の形状や耐久性、日当たりなどを調査

自宅の屋根の形状や耐久性、日当たりなどを調査



自宅の屋根の形状や耐久性、日当たりなどを調査ブログ:14/1/08


減量の基本として、
食事の量を減らすためには、
満腹中枢がキーポイントになります。

満腹中枢というのは、
食事をし始めてから一定の時間がやってくると、
「ウエストいっぱい」というサインを出します。

オレたちは、満腹中枢への刺激によって、
食事を終了するのです。

ですから、
満腹中枢を刺激するまでの時間、
いかに食事の量を少なくするか
ということがポイントになってきます。

まずは
しっかりかむように心がけることです。

一回食べ物をクチに運んだら、
最低30回かみ続けると
十分な時間をつぶすことができます。

また
野菜を積極的に摂取するようにしましょう。

野菜サラダなどは
結構な量があるように見えますが、
そんなにカロリーは高くないのです。

ですから、食事の中に
野菜料理を一品以上入れるように心がけましょう。

また食事前にも一工夫が必要です。
食事をする直前に水を飲みましょう。

水を飲むことによって、胃への刺激になります。

また、胃のスペースも水によって
多少は少なくなりますから、
入れることができる食べ物の量を減らすこともできます。

大体コップ一杯程度の水を飲んでおけば、
十分な効果を発揮するでしょう。

食事を通じて心がけることは、
ゆっくりと食べるということです。

妻と同居している場合には、
一緒に食べるように習慣づけるといいでしょう。

妻と一緒に食事をすれば、
何らかの会話をする必要があります。

しゃべりながらですから、
食事のペースも自然と落とすことができます。

ということは、
満腹中枢が刺激を受けるまでの
食事の量も自然と減ってきますから、
減量効果を得ることができるわけです。

自宅の屋根の形状や耐久性、日当たりなどを調査

自宅の屋根の形状や耐久性、日当たりなどを調査

★メニュー

節電効果のある太陽光発電
太陽光発電の装置は導入時の初期費用が高額
もっと太陽光発電について勉強しよう
太陽電池モジュールで太陽の光を受けて効率よく電気を作る
地球規模で環境問題に貢献できる
まだまだ問題点の多い太陽光発電
自宅の屋根の形状や耐久性、日当たりなどを調査
注意をしておきたい太陽光発電業者の特徴
24時間安心の太陽光発電でもっと便利に
電池モジュールを搭載している太陽光発電


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)自然の力を賢く利用する太陽光発電