24時間安心の太陽光発電でもっと便利に

現在注目されてきているのが、太陽光発電をさらに進化させた蓄電式太陽光発電システムなのです。
このシステムは電気を蓄電させることを目的とした太陽光発電システムで、夜間でも電気を使うことが出来ます。停電となってしまった時に日中では十分に太陽光発電で電力を供給することが出来るのですが、その停電が夜間にまで続いてしまうとどうしようもなくなります。
そのような特性を持っていることから停電対策として本当に役立つのかということで検討を見送っている人もいます。太陽光発電を設置することで、もし万が一停電になってしまった時でも電気を利用することが出来ます。
しかしご存知の通り太陽光発電には問題がり、夜間は発電することが出来ないのです。 日に日に太陽光発電を設置するご家庭が増えてきており、現在では自然再生エネルギーが注目されています。
貴方の自宅に太陽光発電が導入されれば、きっとこれまで考えられなかったほどの節電が実現することでしょう。

脱毛 鹿児島、今すぐ
http://datumou-chihou.com/kagoshima/



24時間安心の太陽光発電でもっと便利にブログ:18/10/11

わたくしの女の子は、
今バスケットボールのチームに入っています。

そのチームは、
他の町のチームとの試合で惨敗が続いていました。

その日も負け試合で、
突然、女の子は「やめたい」と言い出しました。

わたくしはその日の試合を見ていなかったので、
見にいった旦那に経緯を聞いてみると、
女の子の出番はなく、試合の後、
泣き出してしまったということでした。

コーチの考えが分からないわけではありません。
でも、それが現実なのです。

しかし
女の子の気持ちを思うと、
両親としてなんと言って励ましていいのか…

「お母さんと一緒に練習しよう…」と
女の子に話しかける他ありませんでした。

その時のわたくしはまだ、
どうして女の子が泣いたのか、本当の理由を解っていませんでした。
努力をすれば何とかなると思っていたのです。

しばらくして、
その日の試合は勝ち、
女の子もそれなりのプレーをしました。

それなのに、
女の子はまた「やめたい…」と言い出したのです。

わたくしは、女の子が今まで語っていたことの中に
何かもっと大切なことを見落としていることに気付きました。

女の子の心はさびしく、孤独だったのです。

「コーチに認めてもらえない」「チームに必要とされていない」
という思い込みがすっかり女の子の自信を奪い、心と体質が頑なになり、
動けなくなっていたんです。

わたくしは女の子の練習に付き合いながら
「自分のドリブルをもっと信じて」
「自分のパスをもっと信じて」
「自分のシュートをもっともっと信じて」
「自分のプレーにもっと自信を持って良いのよ!」
と女の子の心のネジを巻きました。